住宅ローン返済が苦しくなったら、まずは金融機関に相談しましょう。
支払能力がなくても、任意売却という方法を提供してくれると思います。
任意売却は債権者(ローンを組んでいる金融機関)の同意を受けて、住宅を売りに出すという方法です。
もう一つの売り方として、競売というものもありますが、これに比べて売却者(ローンを組んでいる方)にメリットようです。
・市場価格に近く、売却できるので、ローン残債を相当に返済できる可能性がある。
・上手く売れれば、引っ越し費用や当面の生活資金を捻出できる可能性がある。
・金融機関と相談のうえなので、こっそり売却交渉ができるので、周りにバレにくい・売却先次第では、現住宅を賃貸することで住みつづけられる可能性もある。
というように、かなり売却者に有利な面があります。
払えないから、相談しにくいという気持ちも分かりますが、競売になると任意売却もできなくなります。
何ごとも早めの対処が重要です。
ローン返済が苦しくなったら、是非、金融機関に相談してみましょう。

メリットを利用する

任意売却のメリットとしては、まず、競売にかけるよりも高値で物件を売却することが可能になるということが挙げられます。
物件を競売にかけた場合には、高値がついても相場の7割程度で、安くなると相場の半額で買われてしまうこともあるのですが、任意売却をすれば、相場の8割~9割の値を付けてもらえることが多いのです。
物件を高値で売ることができれば、それだけ、返済できる借金の額も多くなりますから、後の返済の負担を減らすことができます。
また、債権者にとっても、まとまった金額を返済してもらえるのは嬉しいことであるため、任意売却を行った場合は、引越し費用を負担してくれたり、残りの借金は無理ないペースで返済すればいいと言ってくれたりと、債権者から何かと便宜を図ってもらえるのも、任意売却のメリットです。
それから、退去の日を、相談して決められるのも大きなメリットでしょう。
競売にかけた場合には、突然、強制退去を命じられる場合もあって、心が落ち着きませんが、任意売却なら、事前にしっかりと準備した上で、落ち着いて引越しを行うことができるのです。