手数料は必要ない?

最近、ようやく地価の歯止めがかかってきたといいますが、地方都市でもまだまだ地価の下落は続いているようです。
そのためか新築の家を購入するより中古住宅がいいという選択をする方が多くいます。
住宅ローンを支払えずに売却する方が多いこともあるのでしょう。
経済的理由で住宅ローンを支払えなくなったのなら、競売にかけられるより任意売却の方が高く売れる可能性があります。
任意売却を専門にサポートしているようなアドバイザーに依頼すると、手数料が高くなってしまうのではないかと心配しているとしたら、普通任意売却をする場合には手数料は必要ありません。
なぜなら売却金額に手数料分も含まれることになるので、改めて依頼者に請求されることはないからです。
もっとも、手数料を依頼者に請求するような業者もありますが、そういう業者は避けるようにした方が賢明です。
経済的に困窮している依頼者に、任意売却の手数料を請求するようなことは普通ならありません。

検討するとき
債務を返済できるときはいいのですが、この長引く不況によって、思い通りに債務を返済できないと言う人も多いのではないでしょうか?実際に、そのようなケースはここのところ増えているそうなのです。
もし、あなたが現在、債務の返済が思うようにできずに、負担に感じていらっしゃるのであれば、任意売却を検討することも視野に入れるとよいかもしれません。
任意売却とは、債務の担保としている不動産を競売という法律の強制の下ではなく、自分の意思で売却し、負債を返済するという行為です。
競売の場合には、待ったなしで行われますので、不動産の価格をかなり低くされてしまうことが多いのですが、任意売却は普通の不動産売買の形式で行われますので、市場価格で売却できると言うメリットがあります。
返済をしなければならない以上、やはり、少しでも高く買い取って欲しいと思うのは当然のことでしょう。
その場合には、まずは任意売却を検討してみるとよいでしょう。