債務返済に困っている人がいらっしゃいましたら、任意売却という選択肢があることをご存知でしたでしょうか?任意売却とは、裁判所主導の強制競売とは異なり、自分の意思で担保物件を売却することができる債務整理の方法のひとつです。
自分の意思で売却できるということ、そして、通常の流通経路で不動産が販売されることから、不当に不動産の価値が暴落することがなく、市場価格で売買が成立するというメリットがあります。
高い価格で不動産の売却ができれば、それだけ返済すべき額が減ることとなりますので、いくらで売却できるか?というのは大きな差になるので、大切ですよね。
任意売却をすることで、債務を圧縮して、早めに債務を完済して、新しい人生をやりなおしてみてはいかがでしょうか?任意売却については、自分で何かを始めるよりも、専門のコンサルタントを活用して、きちんと内容、方法を理解してからスタートするといいでしょう。
明るい人生をスタートしてください。

マンション1棟を購入した人

身内で任意売却のマンションを1棟購入した人がいる。
この人はこのチャンスにめれぐまれたのは、たまたま、不動産業界に勤めていたために、このような情報を人より早く得ることが出来ました。
また、たまたまその時に自分の自宅を売却したお金を持っていたために、すぐに内金を入れて購入することができたのです。
このように考えると、この件に関しては、偶然が2つあったので、この人が運を持っていたのかもしれません。
1つの偶然はその情報が入ってきた不動産屋さんに勤めていたこと、2つ目の偶然は、自宅を売却した時で、手付金を持っていたことです。
そのために、任意売却の物件の情報が得られて、購入できたのだと思います。
これが競売だと購入できていたかどうか、わからないと思います。
今はこの時に購入できたマンション1棟を賃貸にして人に貸して、また家族で会社組織を作り、家族みんなで経営をしています。
偶然の重なりが人を幸せにした良い例だと思います。