別荘のコンセプトと利用目的そしてその有利な購入法とは

長い人生の中で漸く経済的にも余裕が出てきて、そろそろ自分自身の趣味やリラクゼーションのためのセカンドハウスや隠れ家としての別荘を持ちたくなってくる人も多くなってきます。一昔前までは成り金やバブルの象徴として単なる投機対象に成り下がってしまっていた時期もありましたが、近年の不況や高齢化により人生について深く問い直す機会が個人個人に増えた結果、人生そのものの充実を求めて真に利便性のあるセカンドハウスの購入に踏み切る人も現れ始めています。
これらの利便性は一般住居におけるそれとは若干異なります。一般住居に求められるのはあくまで社会的・生活的な利便性であり、通勤面や買い物、子供の教育といった各種メリットの大きい最大公約数的なロケーションを選択する事になります。ですが別荘やセカンドハウスはこれとは違い、あくまでリラクゼーションあるいは趣味活動を行うフィールドへの利便性を考慮したロケーションが優先されます。リラクゼーション面で見れば静かな山間や高原等、交通アクセスや買い物については不便な地域ではあるものの周辺の自然環境が優良でのんびり一日が過ごせ真からリラックス出来る場所となります。また温泉地であれば源泉を引きプライベートスパを構想するケースもあります。また趣味活動に重点を置く場合、例えばヨットやボートクルーズ、フィッシングやサーフィン等のマリンレジャーやスポーツを存分に楽しみたい場合は海岸沿いの見晴らしの良い高台や丘の上で海岸線にアクセスし易いロケーションが絶対条件となります。
日本国内でもこうした優れたロケーションは結構限られており、逆に言えば優れたロケーションの多くある数少ない地域にこうした別荘が集中し易いという事が言えます。古くからこうした物件を優先して受け入れてきたのは紛れも無く湯治専用の温泉地や高原地帯、またはヨットやクルーザー専用のマリーナを整備してきた海岸地域です。前者であれば箱根や軽井沢、後者であれば三浦や伊豆のロケーションであり、それらは現在でも有名です。
こうしたエリアで新規の物件を購入・建築するのは高いコストが必要でハードルもそれなりに高いものですが、中古に関しては意外と安価に手に入れられる物件も存在します。現地の事情に詳しい不動産業者、あるいはリゾート地の物件に対して強味を持っているリゾート物件専門不動産業者に仲介してもらった方が早めに目的の物件を入手出来る可能性が高いのです。

千葉南房総で海に近い、海望む別荘、別荘地を得意分野にしてる千葉の別荘紹介サイト。田舎暮らしにぴったりの一軒家から憧れのリゾートマンションまで多数ご用意しております。千葉で田舎暮らしをされたい方を応援します!地元鋸南町を中心に南房総市、館山市、富津市、君津市、木更津市の内房をエリアとしています千葉南房総で海に近い別荘、海望む別荘、別荘用地を得意分野にしています。